薬膳料理レシピ

薬膳は、その未病の段階から体の中を整え、病気になりにくい体をつくる食事学です。現代の忙しい毎日。ちょっとした体のサインぐらいで病院に行く暇なんてないとか、病院には行っても異常がなかったから大丈夫。そういいながら、体の声を疎かにしていると、いつか病気になってしまいます。

薬膳とは

薬膳は中医学の理論に基づいて作られる料理です。

食材の1つ1つには特性や効能があり、個々の体質に合わせて食材を選びだして美味しく調理し、体質の改善や強化、病気の予防などの目的を果たすための食事です。
「人は食べ物で養われている」という原点に戻り、誰が、何を、何のために食べるのか?を重要視し、お腹を満たすためだけの食事から健康で楽しい暮らしを得るための食事(食養生)を実践しているのが「薬膳」なのです。

食材の持つ特性とは、「味」や「性質」のことをいい、「味覚」を「五味(ごみ)」または「六味(ろくみ)」で表し、食材が身体に入ったときの寒熱性の働きをあらわしたものを「四気(しき)」で表します。食材の色でもそれぞれ働きが違うとされており、色も「五色(ごしょく)」で表します。また、それらの食材が身体のどこに働くかを「帰経」で表します。

これらの特性を考慮して目的に合わせ補う、除く、調和させる(「補、瀉、調」で表します)、それが薬膳です。

この「医食同源」という言葉は、「薬食同源(やくしょくどうげん)」「薬食同理(やくしょくどうり)」「薬食同用(やくしょくどうよう)」という中国の古典の中の言葉からきています。病気ではないけれど、健康に自信がない。そんな半健康人が溢れている今だからこそ、未病を治す薬膳が求められているのです。

薬膳のポイントは季節の食べ物と体調はとても関係が深く、旬の食べ物を生命のある薬膳食品と組み合わせて食べることで、体調を整え病気にかからない体作りをめざします。マクロビオティックのレシピについて、作家・邱永漢さんの夫人で料理研究家の潘苑蘭さん、さらに当サイト代表である大屋玲子がお勧めします薬膳料理を紹介します。

料理名

効果・効能

【グルメレシピ】五葉松鶏 四季とも適する五葉松鶏は、薬膳鍋のような風味で香ばしくて爽やかなスープに胡麻オイルと酒の味を帯びていて、土鶏の肉は格別に風味があるほか、スープも魅力的です。
ナッツと鶏肉の炒め物 体を温める
緑豆薏仁粥(緑豆とはと麦のお粥) 便秘の防止、美肌効果、コレステロール値を下げる
元気養生鶏肉スープ 滋養強壮、補気健脾
珍珠丸子(もち米の肉団子) 疲労回復、胃腸を温める
豆漿猪肉湯(豆乳の豚肉スープ) 冷え性の改善、美肌、疲労回復
韮黄拌鶏絲(黄色ニラ(別名:起陽草)の鶏ささみあえ) 生理不順、生理痛の改善のほか、補血の作用もあり
彩虹飯團(にじおむすび) がん予防からデトックスに最適なご飯もの
牛蒡茶(ごぼうちゃ) 日々の養生やがん治療に最適な飲み物
かぶのえびあんかけ 風邪予防、ビタミン補給
そら豆ごはん むくみ改善、胃腸を整えて食欲増進
かぼちゃスープ 風邪予防、肌荒れ防止対策
鶏肉とパプリカのレモン風炒め 美肌効果や腸内をきれいに
キウィフルーツ茶 アンチエイジング(老化防止)、美容効果
楊貴妃が愛した果物・ライチ 疲労回復、血圧降下作用
女性によい豆腐丼 乳がんや、前立腺がんなどの抑制効果
女性の癌病によい野菜スープ 抗癌、免疫力の調整
熱檸檬茶(ホットレモンティ) 疲労回復、老化防止
黄耆(おうぎ)・枸杞(くこう)・紅棗(なつめ)湯 自己免疫力の強化
にらレバー炒め 女性の生理痛、婦人病、不妊症にお勧めです
ブロッコリーの炒めもの 食欲増進
豆腐とピータンのあえもの 食欲増進にお勧め
ゴマだれカルパッチョ 血圧が高めで気になる人
白菜と豆腐の明太あんかけごはん 血液中脂質(コレステロールや中性脂肪)を下げる作用
棗(なつめ)しょうが茶 胃の不快感(むかつきやもたれなど)や下痢
海老と蕪の蒸し豆腐、蕪あんかけ 食欲増進、咳止め、解毒の作用
春の山菜天ぷら 体内の毒素排除