ナッツと鶏肉の炒め物

ナッツと鶏肉の炒め物

Posted on

漢方では、体を温め、動かす源を『陽気』という。陽気が足りない体質の持ち主(陽虚、気虚)は、体が冷え、風邪を引きやすい

薬膳料理教室「フード・アンド・ライフ」(東京・自由が丘)を開く北山彩子さんは「生野菜、生もの、海藻類は体を冷やします。陽気が不足気味の人は生サラダよりも温野菜が向いています。また、パンよりもご飯がいい。米は『気を補う』と言われています」と話す。

調理の仕方にも「寒」「温」がある。「生食より、蒸す、煮込む、焼くといった加熱調理の方が体を温めてくれます。消化力が低下しているときは、スープやおかゆなどの調理法もよいです。体調にあわせて料理法も選んでみてください」(北山さん)冬がつらい「陽虚」「気虚」の人向きの料理を教えてもらった。

食材の準備:

  1. 鶏もも肉か鶏胸肉
  2. ピーマン
  3. 長ねぎ
  4. シイタケ
  5. ニンニク
  6. ショウガ
  7. 赤トウガラシ
  8. クルミ(ピーナッツ、松の実、カシューナッツでもよい)

作り方

  • null

    手順1:

    2センチ角の鶏肉を調味料(しょうゆ、酒、かたくり粉)につける

  • null

    手順2:

    フライパンに油を入れ、ナッツ類を炒め取り出しておく

  • null

    手順3:

    みじん切りのニンニク、ショウガ、トウガラシを炒め、鶏肉を加える

  • null

    手順4:

    残りの野菜、シイタケ、仕上げにナッツ類としょうゆ、酒、砂糖を加えて炒める。

北山さんは「クルミは、寒さに弱い腎臓に働き、腰の冷えの改善に役立ちます」と話している。